妊娠線ができやすい場所は?気づいてから遅いお肌のケアとは

妊娠線ができやすい場所はお腹以外にもあるのををご存知ですか?

 

妊娠線は、お腹・ヒップ・バストに
できやすいとされています。

 

他にも妊娠によって急に体重が増加すると、
太ももにも生じてきます。

 

妊娠中は腹部が大きくなることに加え、
授乳で胸も大きくなります。

 

すると、皮膚が引っ張られ、
亀裂が入ってしまうことで
妊娠線ができてしまいます。

 

妊娠線というのは、
皮膚が柔らかい場所に
できやすいんですね。

 

これらのことから、
皮下脂肪がつきやすい場所や
妊娠後にお肉が付いた場所は
妊娠線に注意が必要です。

 

また、お腹が大きい妊娠中は
ヘソまわりが見えにくくなり、
妊娠線ができていても
気付かないことがあります。

 

定期的に体を鏡に映して
妊娠線ができていないか、
確認することが大切です。

 

さらに、
妊娠線は1度できてしまうと、
消すことが難しいんですね。

 

妊娠で体重が増えて
妊娠線ができてしまうと、
痩せても消せないんです。

 

ですから、
妊娠線ができやすい場所は
あらかじめ予防することが
ポイントになります。